専門課程コース紹介入試要項学費学費サポート・奨学金

専門課程 〔美容科〕 コース紹介


高等学校を卒業後、2年間にわたって美容技術・理論を学ぶことで、衛生専門士称号と美容師免許が取得できます。


【修業年限】
2年間

【入学定員】
40名

【取得資格】
美容師免許
衛生専門士称号
ネイリスト技能検定資格・ジェルネイル検定資格
アイラッシュ(まつ毛エクステンション)検定資格 など

  • 美容師国家試験合格を目標に、美容師としての総合力を身につける授業を行います。
  • ワインディング・カッティング、シャンプーなどの基本技術に加え、メイクやネイル、エステ、着付け、まつ毛エクステンションなどのトータルビューティーも学ぶことができます。
  • また、コミュニケーション能力やプロとしての心構えや姿勢なども徹底指導していき、美容業界への次世代を担える人材を育成しています。



専門士称号とは


「専門士」は、平成7年、生涯学習の成果を評価するために創設された制度で、共通の基準をもとに文部科学大臣が認定した専門学校・学科の卒業者に付与されます。

専門士は短大を卒業したのと同様の証明となり、大学への編入学が可能になります。
また、社会に通用する人材であることの証明にもなり、待遇面でも、国家公務員の給与基準などを定める人事院規定により、短大卒者に準じて取り扱われることになっています。
これにならい、近年では短大卒者と同等の給与体系を採用している民間企業も多数現れています。

本校の衛生専門課程美容科の卒業者は、理容師・調理師・製菓衛生師・栄養士などと同じ衛生分野の専門士(衛生専門士)称号が付与されます。

 → 専門士付与指定校(文部科学省のページへ)

学習カリキュラム


美容師国家試験合格を目標に、美容師としての総合力を身につけるカリキュラムになっています。
2年間で67単位(2,345時間)の授業を履修します。

【必修科目(47単位)】
美容師養成施設を卒業するためには必ず履修しなければならない科目です。

  • 関係法規・制度
  • 衛生管理
  • 美容保健
  • 美容の物理・化学
  • 美容技術理論
  • 美容運営管理
  • 美容文化論
  • 美容実習

【選択必修科目(20単位)】
本校が独自に定めている必修の科目です。2年間で以下のすべてを履修します。

  • 芸術
  • 基礎法学
  • デザイン色彩学
  • デザイン構成学
  • 美容モード理論
  • メイクアップ
  • ネイル
  • サロンワーク(和装着付・エステティック・まつ毛エクステンション)


授業の様子


美容のスペシャリストになるための知識と技術の基礎をしっかりと学びます。
あらゆるニーズに対応できる美容師を目指します。



主な就職先


就職率は開校以来100%を達成しています。
就職ガイダンス、面接指導など、就職サポートも万全です。


PEEK-A-BOO川島文夫美容室 / GRAND TAYA銀座 / クレージュ アトレ恵比寿店 /
Euphoria 青山店 / ジャン クロード ビキン / ジャック モア ザン /
美容室TIME / カラーリスト / Kakimoto arms / ZECT Yokohama /
Tony&Guy

※ 他多数(敬称略:順不同)


↑ ページの一番上に戻る